見出し画像

【社員インタビュー】配属ガチャ被害者の会~後編~

みなさんこんにちは!
株式会社SANNのnote編集部です。

今回は配属ガチャ被害者の会の後編をお届けします🎈
前編が「面白かった」「後編を早く見たい」と社内でも好評だったので、予定より早めに公開することにしました😽

 前編のおさらい 

希望通りの配属とならなかった入社2年目の社員たち。1年が経過した現在、配属に対してどう考えているのでしょうか?



【座談会 参加メンバー】 2023年4月 新卒入社


Q4.これまで苦楽を共にしてきた同期たち。同期はどんな存在ですか?

M田:刺激を貰って相乗効果で良い影響を与え合えるので、自分が頑張る為に必要なガソリンのような存在です。東京本社の違う事業部に同期が居るのですが、沢山話すわけではないけれど、互いに良い関係です。仲間であり、ライバルでもあり…大きな存在だからこそ「あいつが頑張っているんだから、自分も!」と頑張れます。
 
M木:営業なので横1列でスタートしたライバルではありますが、同じ会社で同じ目標に向かっている大切な存在です。私を前向きな気持ちにしてくれますし、「負けたくない」という気持ちも大事だと感じています。マイナスな状態の同期がいれば、自分の奮闘している姿を見せて、姿勢で刺激し合えるのも同期だからこそではないでしょうか。
 
T橋:私は、自分と同じく東京から名古屋にやってきた同期とともに乗り越えてきた苦難が沢山あります。上司には出せない1面を出せる安心できる存在ですし、心の支えでもあります。もともとマイナス思考気味ではありますが、同期からたくさんプラスの影響を受けています。
 
M木:T橋の名古屋配属が決まったときに落胆ぶりを見ていたので、今こんな風に同期を大切に思ってくれていることを知れてうれしいです!


Q5.みなさんにとって“配属ガチャ”とは?

M木:SANNにおいては、配属ガチャにハズレはないと思っています。社員一同ガッツがありますし、どの部署・どのエリアに行ってもその人次第で成長できる環境があるからです。また、自分がいくら希望していても、適性があるかどうかなんて新卒の自分たちにはわかりません。配属ガチャは、むしろ他者の目線で客観的に適性を見たうえで判断してもらっているといえるのではないでしょうか。実際に業務を通して、自分が最大限「成長できる環境」を選んでもらっていると感じていますし、「ここでなら伸びる」と言ってもらっているという風に感じています。だからこそ、まずはしっかり切り替えて、自分自身で結果を出すことが必要だと思います。
 
T橋:配属ガチャの結果は、自分ではどうすることもできませんし、しょうがないものです。どこで働きたい、どんな部署で働きたいといった明確な希望がある場合はSANNではない会社で働く方が良いのかもしれませんし、勤務地や部署を限定して採用している会社を選ぶべきだと思います。SANNの魅力は何よりも「成長」できる環境です。配属ガチャとは、上司や先輩が「自分の輝ける場所」を探してくれているということだと思います。
 
M田:私は学生時代から営業を志望していましたが、商材にこだわりはありませんでした。だからこそSANNを選んでよかったと感じています。自分ではわからないような適性を会社が見極めて、判断してくれているという点においてとても満足しています。実際に仕事を始めるまで、部署もエリアも決まっていないことに不安はあるかもしれませんが、配属ガチャそのものは、新入社員にとってもマイナスではなく、プラスになり得るものだと感じています。


Q6.最後に、同じように希望配属とならず悩んでいる後輩にアドバイスを!

M木:一旦学生時代のことなどすべて忘れて、今あること、与えられたことを全力でやっていれば、いずれ慣れて、仕事も楽しくなってくると思います。別事業部にいる自分のことを夢想しても何にも変化はありませんし、現状を受け止めてがむしゃらに進んでみるのがいいと思います。
 
T橋:いわゆる“配属ガチャ”で私は相当落ち込みましたが、結局どの会社に行って、どこに配属され、どんな場所だろうとも、仕事は仕事です心の切り替えは簡単ではありませんが、割り切るしかないと思っています。私もその割り切りを行っている最中ですが、どんなモチベーションでもやらなきゃいけないことは変わりませんし、しっかりと為すべきことを為すべきだと思っています。ストレス発散方法は今も模索中ですが、同期とカラオケに行ったり、飲みに行ったり、同期が居ることでたくさん救われています

M田:新入社員はみんなゼロから、横1列にスタートですだからこそ、いい意味でも悪い意味でもなんにでもなれると思います。私自分、希望通りではない配属に少し凹んだものの、うまく切り替えられました。これまでの言動は白紙になるからこそ、希望が通っても通らなくても2人と同じように「切り替えたもの勝ち」だと感じていますし、割り切って仕事に励んでほしいと思っています。


インタビューを終えて

勤務地や部署が希望通りとならなかった、”配属ガチャ”でハズレを引いたといえる3人ですが、どん底まで落ち込んだ3人が気持ちを切り替えられたのは、背中を押してくれる同期と上司の存在が大きかったようです。

また、とにかく与えられた仕事に全力で向き合うことで、営業マンとしても成果を上げて1年で大きく成長しました💮配属ガチャをマイナスなものではなく、「他者の目線で客観的に適性を判断してくれるもの」とプラスに捉えることも、気持ちを切り替えるポイントになるのではないでしょうか。

お読みいただきありがとうございました🎉

-:+:-:+:-:+:-:+:-:+ 関連情報 -:+:-:+:-:+:-:+:-


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!